バドミントンがうまくなるたった3つの方法

「バドミントンをいくら練習してもなかなかうまくならない!」
「バドミントンがうまくなる方法を知りたい!」
そんなあなたのために、バドミントンがうまくなる方法を解説して行きます。
今から解説する3つの方法を実践する事で、バドミントンが劇的に上達しますよ!

バドミントンがうまくなる方法その①:基礎テクニック

バドミントンがうまくなる方法の1つ目は基礎テクニックです。
基礎がしっかりしていないと、いくら難しい動きやラケットワークを練習しても、全然身につきません。
むしろ、間違った形で覚えてしまい、逆効果になってしまうことさえあり得ます。
せっかく一生懸命練習しているのに、逆効果になったら悲しいですよね。
そうならないためにも、まずは基礎をきっちり固めましょう!

ラケットの握り方(グリップ)

基礎の見直しの最初は「グリップ」です。
皆さん、ちゃんとラケットを握れていますか?
グリップは当たり前過ぎて、ついつい見過ごされがちですが、実はとっても大事なポイントです!
「僕はできているから大丈夫」
なんて思わずに、もう一度見直してみましょう。



グリップの見直しのポイントは、

  • イースタンで握れているか?
  • 小指と薬指で握り、他の指は添える形になっているか?
  • ラケットを振った時に、握り方が崩れてしまわないか?

といった点です。


慣れ親しんでしまっている場合、自分では気付きにくい点もあるので、一度チームメンバーに見てもらい、指摘してもらうのも良いと思います。

フットワーク

基礎の見直しの2つ目は「フットワーク」です。
フットワークは奥が深く、一朝一夕ではなかなか身につきません。
だからこそ、早い段階から正しいフットワークで練習をするようにしましょう。


フットワークの見直しのポイントは、

  • ホームポジションから目的の場所までスムーズにたどり着けるか?
  • 目的の場所からホームポジションにスムーズに戻ってこれるか?
  • 足の運び方に違和感がないか(小幅でも大幅でもないか)?

といった点です。


フットワークはグリップよりも更に自分では気付きにくいため、チームメンバーや指導者に見てもらったり、動画を撮影したりして、こまめに修正をしていきましょう。

スマッシュに頼らない

基礎の見直しの3つ目は「スマッシュに頼らない」です。
そろそろ初心者を抜けるくらいの方に特に多いのが、「ついスマッシュに頼ってしまう」というものです。


スマッシュはバドミントンの醍醐味ですし、速くて強いスマッシュが正確に打てるに越した事はありませんが、スマッシュだけに頼るのは危険です。
今のレベルだと通用するかもしれませんが、より上を目指すのであれば、スマッシュ以外にも目を向けて練習する必要があります。


例えば、

  • フットワーク
  • クリア
  • ドロップ
  • ドライブ
  • ロブ
  • フェイント

などです。


バドミントンは力だけではなく、頭を使って勝負を有利に導くスポーツです。
バドミントンがうまくなるためには、自分の「ワザ」を沢山持っておいて、相手や試合の場面に応じて最も有効なワザを出すようにしましょう。

バドミントンがうまくなる方法その②:メンタル

バドミントンがうまくなる方法の2つ目はメンタルです。
スポーツ全般に言える事ですが、特にバドミントンはメンタルが大切なスポーツです。
バドミントンがうまくなる方法その①でも書きましたが、バドミントンは力だけではなく、頭を使う事がとても大切なスポーツです。
だからこそ、ピンチの場面であっても、冷静に状況を分析し、適切な対策を行えるメンタルが大事なのです。


メンタルはすぐに身に付くものではありませんが、常日頃から意識するかしないかで、1年後には大きな差が生まれています。
メンタルを鍛える方法は沢山ありますが、まず最初は、
・自分はなぜこのコースにスマッシュを打ったのか?
といった様に、自分の行動の理由を考えるクセを身に付けるところから始める事をお勧めします。


それに慣れてきたら今度は、
・自分はなぜ相手に良いスマッシュを打たれたのか?
といった様に、相手の行動の原因を考える様にしましょう。


これらを繰り返し実施する事で、厳しい場面においても自分と相手の置かれた状況を冷静に分析し、適切な一手を打てる様になります!

バドミントンがうまくなる方法その③:指導者

バドミントンがうまくなる方法の3つ目は指導者です。
バドミントンがうまくなる方法その①やその②で基礎的な方法は解説しましたが、理想を言えば、良い指導者に直接指導してもらうのが一番良いです。
学校の部活でバドミントンをやっているのであれば、顧問やコーチや先輩に、積極的にフォームやフットワークを見てもらい、指摘をしてもらいましょう。


周りに優秀な指導者がいない方や、周囲の方の指導だけだと物足りない方は、効果的な練習方法を知り尽くした、バドミントン日本代表コーチに指導してもらう事をお勧めします。


「そんな人周りにいるわけないじゃないですか!」
という声が聞こえてきそうですね(笑)
でも大丈夫です、本当に実現可能なのです。


中西洋介さんという方をご存知ですか?
インターハイの男子シングルスで優勝し、大学時代は全日本学生バドミントン選手権大会(インカレ)男子シングルスでも優勝を飾り、中学高校大学と全国大会のシングルスで全て優勝しています。

更に、大学在学中に出場した全日本総合バドミントン選手権大会男子シングルスでは、2年連続準優勝し、世界学生バドミントン選手権大会では銅メダルを獲得しています。

社会人になってからも輝かしい実績を残し、2008年からは日本ユニシスにて指導者として活躍しています。日本ユニシス時代に指導した山田和司選手は、日本ランキングサーキットでの男子ダブルス2連覇、大阪インターナショナルチャレンジでは男子ダブルス3連覇を達成しています。

その中西洋介さんが、バドミントンの練習方法や上達方法で悩む方に向けて、効果的なトレーニング方法を動画で分かりやすく解説してくれているので、興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

バドミントンシングルス勝つための必勝法と練習の極意
【日本代表コーチ 中西洋介 指導・監修】

バドミントンがうまくなる方法まとめ

この記事では、バドミントンがうまくなる方法についてお届けしてきました。
まずは基礎テクニックを見直しつつ、メンタルを高めて行きましょう。
その上で、優秀な指導者に指導してもらえれば鬼に金棒です!
ぜひ今日から試してみて下さい!

タイトルとURLをコピーしました